【口コミ】歯石屋くんの使い方が難しい…歯垢除去に

歯石屋くん

日本人の8割以上が歯周病と言われます。軽度にせよ、中度にせよ、重度にせよ、多くが歯周病です。

ちなみに筆者も「歯石」が気になっているものの、歯医者嫌いのせいか重い腰は立ち上がりません。

そんなときにドラッグストアで見つけたのが「歯石屋くん」。筆者が購入したのは鏡付きで、片方がピックのもの。

結論から言えば、歯石除去は無理ですが、プラーク除去はけっこうできます。

 

◆歯石除去は歯医者で!「歯石屋くん」は歯垢除去

歯石屋くん
By:はつらつライフ

筆者が購入したのが、ミラー付きの歯石屋くん。筆者はタバコを止めて6年になるので「ヤニ汚れ」はないものの、ヤニもポロポロ取れるとネットの口コミでありました。

とは言え、半分以上のネットの口コミが「素人」によるものや「サクラ」であるのもネットの怖いところ。

それを差し引いて、自分で色々と使ってみました。

気になっているのが、歯茎に近い場所の歯石。「さすがに歯石は取れないだろう」と思っていましたが、やはりごっそりと歯石を取るのは無理です。歯石に関しては、きちんと歯医者さん行かねばならないんでしょうか……。

で、ミラーで歯の裏側を見てびっくり。汚い話、意外と歯垢がこびりついている場所があるわけです。特に、日頃ブラッシングが難しい場所は「プラーク(歯垢)」として残り、虫歯菌に繁殖してしまうわけですね。

筆者の場合は、「虫歯」に関わるライティングのお仕事があったので、最近、歯に対して神経質になっていたわけなんです。

日頃からデンタルフロスを使用し、ブラッシングをしっかりしているつもりでも「磨き残し」って意外とあるので、この「歯石屋くん」でプラーク除去といきましょう。

 

◆歯石屋くんの使い方が難しい!エナメル質は傷つけないように注意

改めて、購入した「歯石屋くん」がこれ。鏡付きの歯の裏側が見えるver.です。

おもむろに箱から取り出し、気分は歯医者さん。

ただこれ、使い方次第で歯の表面のエナメル質まで落としてしまう可能性があります。

エナメル質 エナメル質(エナメルしつ、enamel)または琺瑯質(ほうろうしつ)は歯の歯冠の最表層にある、生体で最も硬い硬組織で、モース硬度は6 – 7を示す。 このエナメル質と、象牙質、セメント質、歯髄で歯は構成される。 通常目に見える部分がこのエナメル質であり、象牙質に支えられている。

Ref:https://ja.wikipedia.org

筆者は歯医者さんでも歯科衛生士でもないが、エナメル質を削りすぎるとよくないということは耳にしたことがあります。くわしくは歯医者さんへ。。

で、使用感は、「見えないところに残っているプラークと、歯間ブラシやデンタルフロスでは取りづらいプラーク除去も可能!」ってところです。

 

  • 注意点としては、引くように、あまり力を入れず。
  • 鉛筆持ちで、ひっかくイメージで
  • 力をなるべ入れずにカリカリひっかく感じ
  • ヤニ汚れがある人は削りすぎに注意
  • 歯肉から血が出やすい人は、歯肉炎の可能性ありですw
  • 歯肉や他の歯を傷つけないように、片手でカバーしながらピックを使用

 

なかなかよくプラーク除去できるものの、冒頭で触れたように「歯石除去」はできません。歯石除去は歯医者さんで。

筆者も今から、EPARKでも見てみようかな。EPARKの出稿料、高そうだな。歯医者さんも大変だな(脱線

 

まとめ

筆者が購入したタイプとは違うものの、購入するならこれがいいかもです。

使い方によっては、歯茎や歯を傷つけることになるので、あくまで補助的なものとして。

やはり歯医者さんに行くしかないということでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です