できる男は腕時計も違う?医師もつける時計が格段に違う

男性のブランドとして、時計は重視されがち。

というのは、男性はスーツや靴で“できる男”を演出できますが、他にはあまり目立つアイテムは少ないもの。

医師を中心に、実は「腕時計」で“できる男”を演出することもできますよ。

 

◆医師は実務用時計を重視する

診療時や学会につけていたい医師向けのおすすめ時計』でおすすめされているのが、4つの時計。

特に実用性を推すならば、「シチズン」などがお手頃な値段のようです。

お手頃とはいえ、11万円を超える値段。

実用性と高級性の両面をアピールできるようなものも多いです。

 

◆いつかはつけたい「ヴァシュロン・コンスタンタン」

医師レベルの収入でないと難しいでしょうが、「ヴァシュロン・コンスタンタン」はかなりの高級ぶり。

「ハーモニー・クロノグラフ」は1928年に発売されたヴァシュロン・コンスタンタンのクロノグラフと、歴史的な医療用時計へのオマージュが再現されたモデルで、脈拍を計測することができるパルスメーターが、より独創性を強調しています。

K18のピンクゴールドで、65時間ものパワーリザーブを有したムーブメントは、ヴァシュロン・コンスタンタン製手巻キャリバー3300によるもの。現代に合った性能の高さと、歴史を感じさせる伝統的な構造に、思わず息を呑んでしまいそうになります。

出典:https://doctor.maxmed.jp/article/000433/

かなりの“できる男”でないと、手にするのは難しそうですね。

 

まとめ

その他にもいろいろな時計が紹介されているので、医師でなくても“できる男”を目指すのであれば、ぜひ参考にしてもらいたい記事。

腕時計って大事ですよね。

 

【参考】

https://doctor.maxmed.jp

 

【画像出典】

http://mnky.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WATAKO LTD.代表。 ジョギングをこよなく愛する、変なおじさん。管理ブログは5~10という曖昧な数なものの、メイン事業はHP作成・記事作成代行です。 人生において「働くことの意義」を考えつつ、働き方革命をしたいと思って10年ぐらい立ちます。 個人事業主だからこそできること、さまざまなキャリアを積んできたからこそできることを発信していきます。 レビューサイト的な一面もあり。