人事はストレスチェックよりも企業内の整備を

人事 ストレスチェック

2015年12月に義務化され、2016年11月までには行わなければいけなくなるといわれている「ストレスチェック」。

各企業、「うつ病」を疾患して休職に入る方も多いでしょう。

ただ、はたしてストレスチェックをして会社内の体制はよくなるのでしょうか?

 

■ストレスチェックの義務化はメンタルケアになる?

ストレスチェックはすべての企業で義務化されたわけではないようです。

義務化されたのは、“従業員が50名以上いる企業”のよう。

 

平成27年12月に改正された「労働安全衛生法」が施行され、従業員が50人以上いる事業場では、労働者に毎年一回のストレスに対する質問票への回答を求めること(ストレスチェック)が義務付けられました。

出典:人事担当者が把握すべきストレスチェックのポイント | FLAGS

 

人事 ストレスチェックが必ずしも、どの企業でも実施されなくてはならないとは、直ちにいえるようではないわけです。

ただ、規模が小さければ小さいほど、いわゆる「ブラック企業」である比率も高いといわれています。

会社の成長のためには「人材」が命ですよね。

ワンマン経営をしたあげく、業績が傾いてしまっては本末転倒ともいえます。

ですので、どの企業も「ストレスチェック」の実施をすることが大切だと考えられます。メンタルケアをしっかりしなければいけませんね。

 

■ストレスチェックでは産業医の出番が増える

心療内科などでは、専属医が自分自身のメンタルチェックをしてくれるようです。

産業医も同様に、各企業に周り、その人の「残業時間の長さ」、「人間関係」、「その人の仕事上の悩み」などをヒアリングし、人事に“いかに改善するか”といったことをアドバイスできます。

守秘義務もありますので、“伝えてほしくないこと”は産業医にその旨を伝えるべきでしょう。

今後、さらに“病んだ会社員”が増えることが予想されることから、産業医の出番は増えていきそうです。

 

■ストレスチェックもパス!常に健康でいるには

根性論や努力論では、特に今の20代は納得される方も少ないです。

職場の先輩として、後輩には「論理」で仕事の内容や、仕事をする上での悩みをきちんと筋を立ててフォローすることも大切です。

せっかく育ってきた人材が、1年以下で辞めてしまうということでは、企業の業績にもよろしくありませんよね。

常に健康でいるには、いくつか対策があります。

 

  • 先輩によるフォローの体制づくり
  • 残業をさせすぎない
  • 残業が必要な場合は「申請制度」に
  • 定時で終わらない理由を明確にする
  • 運動の習慣をつける
  • しっかり食べて寝る

 

もちろん、自ら率先して努力すべきこともあります。

ただし、会社内でのフォローも大切といえるでしょう。

 

まとめ

いかがですか。

人事はきちんとストレスチェックの義務に則り、社員のメンタルをしっかりと見極めることが大事です。

「元気ないけど大丈夫か?」の一声で救われることもあるはずです。

しっかりと社員に目配せをしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

WATAKO LTD.代表。 ジョギングをこよなく愛する、変なおじさん。管理ブログは5~10という曖昧な数なものの、メイン事業はHP作成・記事作成代行です。 人生において「働くことの意義」を考えつつ、働き方革命をしたいと思って10年ぐらい立ちます。 個人事業主だからこそできること、さまざまなキャリアを積んできたからこそできることを発信していきます。 レビューサイト的な一面もあり。